施術のご案内

  • HOME
  • 施術のご案内

<鍼灸治療>

鍼灸治療

鍼灸治療は、腰痛、膝痛、頭痛、神経痛(坐骨神経痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛などの痛 みをともなう症状に効果的です。
家事や仕事のストレス、パソコン使用などによる眼精疲労、肩こりや足の疲れ、こむら返りの改善が期待されます。
さらに、ツボに鍼灸治療を施すことで、便秘、下痢、痔、慢性胃炎、食欲不振、気管支炎、膀胱炎にも効果が期待できます。

<赤羽式知熱感度法>

赤羽式知熱感度法

初診の方の検査と治療法です。
足や指の爪の生え際にある「井穴(せいけつ)」と呼ばれるツボに、火のついた線香を擦過し、何回で熱くなるかを記録します。
左右の数を比べ、2倍以上差のある経絡が治療経となり、その経の背部兪穴に皮内鍼を入れます。ギックリ腰の治療に最適の治療法です。

<太極療法>

健康管理にとても良い治療法です。
故・沢田健氏が提唱した太極療法は、お灸が中心でしたが、私の師匠、故・佐藤栄二先生は、沢田先生より少しツボを加えて、全身に、鍼・灸・確認の指圧を加えて治療していました。
治療後はとても気持ちよく、全身のバランスが整い、健康管理にとても素晴らしい治療法です。

※画像クリックで拡大表示できます。

<仁神術>

※画像クリックで拡大表示できます。

仁神術とは

仁神術

仁神術は、故・村井次郎先生が考案、開発された治療法です。弟子の加藤春樹先生が伝えてくれました。内臓の病変や体の偏った動作により滞った気液や体液を、鍼灸のツボに指をあてることにより快調に循環させ、不調や病変を改善していきます。
むち打ち症の治療や、心臓の病気(心筋梗塞など)の予防にも効果的です。
むち打ち症の治療は頸部から始めると肩甲間部のコリがダムの堰を切ったように頸部に流れるので、最初にに肩甲間部をゆるめておいてから、頸部の治療をします。

むち打ち症の治療

むち打ち症の治療

むち打ち症の治療は、順番に手を当てていくだけで、目的のコリをほぐし、体の循環を良くする治療法です。
頸部から始めると肩甲間部のコリがダムの関を切ったように頸部に流れるので、最初に肩甲間部をゆるめておいてから、頸部の治療を行います。

心筋梗塞止め

当院では、狭心症や心筋梗塞(どちらも心臓を養う血管が詰まってい起こる心臓病です)などの
心臓発作の時の胸痛だけでなく、階段を駆け上がったり、山を登ったりした後に起こる胸苦しさ、
激しい動悸などを治める施術についてもお伝えしています。
心臓の弱い人、また心臓病の持病をお持ちの人などは、是非一度ご来院ください。

寒気止め

風邪の引き始めには、頭痛・鼻水・咳・くしゃみ・だるさなど、さまざまな症状が現れます。
仁神術には、とくに寒気や震えなどに良く効く手技もあります。
適切なポイントに指を当て続けていくと、片側ずつ寒気が治まっていきます。

<体液調整療法(温冷診断治療法)>

体液調整療法(温冷診断治療法)

池田正道先生、綾子先生から指導を受けた治療法であり、内臓疾患に一番効果的な治療法です。
手足の診断部位の熱さの感覚を検査することで、急性症状や慢性疾患、疲れ具合の診断を行うとともに治療ができます。

<整膚治療(徐堅先生)>

整膚治療(徐堅先生)

徐堅先生は中国の方です。愛知医科大学第一生理学教室で研究の傍ら、旧東海銀行女子陸上競技部でトレーナーを務めていた時、指圧・マッサージなどの治療をしても良くならなかった人に、発想の転換で皮膚を引っ張ってみたら、良くなっていく人がいる事に気付いたといわれる。
私は20数年前に研究会で知り合い、整膚治療をしていましたが、昨年、東洋鍼灸専門学校へ講演に来ていただいてから、卒業生と一緒に、本格的に勉強をして指導者の資格を取り、治療院の治療法の一つに取り入れました。

整体治療(均整法)

整体治療(均整法)

整体治療法のひとつである均整法が中心の治療法です。診断は奇経治療や募穴診断を使い、身体の歪みを正すことで症状を軽減します。

INFORMATION診療時間

受付時間 日・祝
8:30~12:00
15:00~19:00

ACCESSアクセス

所在地 〒183-0022
東京都府中市宮西町5-3-3
最寄り駅 JR武蔵野線・JR南武線「府中本町駅」から徒歩3分
京王線「府中駅」から徒歩10分
駐車場 2台分有り
・善明寺の駐車場83番(本堂壁わき)
・宮西町第2公園前の駐車場(入口から4台目)

CONTACTお問い合わせ